•  私達 吉井電機は、神戸の地で1985年(昭和60年)の創業以来、電子機器製造一筋に、
     お客様の様々なニーズにお応えしています。

  • 手作業が私たちの強みです!

継電器盤や試験機・医療機器・試験機の製作において、はんだ付け作業・配線組立・圧着作業・ケーブルの端末処理を得意としています。手作業だからこそできる、小ロット短納期を実現させ、お客様にご満足をいただいています。

近年、設備の問題や後継者不在などで同業者が減少し、私たちのような大きな設備もなく手作業が強みという会社は、とてもニッチな存在になりました。

だからこそ「機械ではできない、機械にも負けないものづくり」を目指し、日々技術や品質の向上に取り組んでいます。

当社は2017年(平成29年)、2代目となる三浦 泉が代表取締役社長に就任しました。

技術の継承をしていくことに加え、若い人材を育て「伝統は残すのもではなく、残っていくものが伝統」との考えのもと、新しい分野へのチャレンジもおこなってまいります。

経験豊かな技術者が若い技術者に指導し、お客様にご満足いただけるものづくりが、10年、20年、100年続くように社員一丸となって精進しております。

手作業の必要な小ロット品や試作品など、お困りのことがありましたら、
なんなりとご相談ください。解決策のご提案をさせていただきます。
 

初めてのチャレンジ

先日、私が2年前に会社を継いだときにお世話になったコンサルの佐々木先生のインターネットラジオに参加させていたはだきました( =^ω^) 自分を振り返るよい時間になりました😁 佐々木先生、ありがとうございました⭐ https://m.facebook.com/story.p...
​業務内容

兵庫県神戸市東灘区において
手作業による半田付けや継電器盤の製造.

配線組立、圧着作業、ケーブルの端末処

「今日言われたら今日動く」 をモットーに、小回りが利く対応を心掛けて各部門間の連携をスムーズにしていますので、スピードにも自信があります。

​会社について

私たちはこの神戸で昭和60年の創業より電気機器製造を一筋にやってまいりました。
手作業による半田付けを得意とし、継電器盤の制作等、顧客様からも大変高い評価を頂いております。
弊社は自社製品がないため、顧客様のご要望にお答えし満足していただくことのみで、絶大なる信頼を経て、ここ神戸で長年にわたり、歴史を刻んでまいりました。

吉井電機の技術

半田ねじ締め圧着作業の認定試験者も在籍し、しっかりとした作業を行っていますので、品質に自信があります。

配線(配電)に関しても、内蔵ユニットの組立配線、ケーブルの取りつけ等は、当社スタッフが手作業にて行っています。

通常の通電テスト・動作テストは当然ですが、製品によっては耐圧検査(耐電圧試験)などの検査も行い、品質低下を防ぎます。

© 2018 Copyright © 2018 YOSHIIDENKI CO.,LTD. All Rights Reserved.